金が欲しいなぁ・・・

何に使うのかって、選挙資金さ。もし私に潤沢な資金があったら、必ず次の総選挙に打って出るね。泡沫と笑われるかもしれないけど、一人くらい、動物の声を議会で代弁する議員が必要なんだ、この国には。

当選のあかつきには、まず行政による犬猫の殺処分を禁止させる。これ、法律では「犬猫の引き取り」しか定められていないんだ。殺すなんてどこにも書かれていない。むしろ法律は生命の尊重を求めている。

なのに行政に引き取られた動物は次々と殺されていく。それは都道府県等が、法の趣旨に真っ向から反した「殺す条例」を制定しているからだ。条例は、法に反したり、法の範囲を超えては制定することができない。ここをきっちり明らかにして、「殺処分」という制度をこの国から無くす。

第二に、動物虐待犯罪の法定刑を引き上げ、動物に対する残虐な行為は社会の安全を脅かすとの認識のもとに「アニマルコップ」を創設する。野生動物関係では、鳥獣保護法における取締事務担当都道府県職員や地方技官などに、特別司法警察職員の権限が与えられている。「アニマルコップ」だって作れないわけがない。

でもって、福島の警戒区域のような、動物が危機的状況にある区域の警備なども、警察に代わって「アニマルコップ」が指揮を取る。動物を救うための活動を警察権力が妨害するという今みたいな誤りは、もう絶対に繰り返させない。

他にも政策は色々あるが、全ては絵に描いた餅。今の選挙制度は、カネがあり、政党の後ろ盾を持つ者以外は事実上排除。私みたいな一庶民は、お日様が西から昇ったって、当選どころか立候補すら出来やしない。世襲のボンボンやタレントばかりがでかいツラをしているこの国では、本当の改革なんて夢の夢だ。

| http://diary.assam-house.net/index.php?e=5 |
| 雑記 | 12:12 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑


       
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第三弾
全国動物見守りパトロール隊
庶民新党 脱原発
平和を守らなければ動物も守れない。動物を愛する者は憲法改悪に反対です。 大切な権利をしっかり行使・選挙に行こう!!大運動 日本を主権者国民の手に取り戻そう!反自民国民運動
■CALENDAR■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2017年09月 次月>>
■プロフィール■
アッサム山中
Author:アッサム山中
 かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw
@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします
■このブログについて■
 メインブログ(新) (旧)ではカタい話ばかりなので、こちらでは何でもないようなことをだらだらと書き綴って行きたいと思っています。
 少しは趣味の話なんかも書きたいですよね。商品紹介の都合上、アフィリエイトリンクが含まれる画像を貼ったりすることもあるかと思いますが、収益があったら被災地の動物救済活動などをしている皆さんのお役に立てたりしていきたいと思っています。
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■コンテンツ■
■連絡先■
■リンク■
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS
Web絵本:け と かわ
Web絵本:ちょっちおねがい
Web絵本:ココロのうつわ
【フーファヌーの「毛皮をやめて!」】
フーファヌーの「毛皮をやめて!」
クリックするとYouTubeのページが開きます。シークバー(動画下の細長いバー)の下の「字幕」スイッチをオンにすれば、日本語字幕付きでご覧頂けます。
安倍内閣監視団
■脱原発webステッカー■
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


詳しいことは こちら をご覧ください。
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■