政治の基本は小学生時代の児童会にあり

みんな、子供時代を思い出してほしい。

「さぁ、学級委員を決めるぞ、誰か立候補はないか」

 し~……~ん

「じゃ、推薦したい人はいるか?」
「えーと…○○君はどうかな」
「私も○○君がいいと思いまーす」

 そうだな、そうだな、わいわいわい

「えー、ちょっと待ってよ、困るよそんな」
「みんなで手伝うからさ、お前やってくれよ」
「そうよ、○○君だけに押しつけたりしない。みんなで手伝うから、ね」
「う…うん」

「よーし、決まりだ。頼んだぞ○○君」

みんなで選んだ代表はみんなで手伝う。これがとても大切なことと位置づけられていたはずだ。
これを大人の世界に当てはめると、みんなで選んだ首長の仕事は住民みんなで手伝う、ということになる。当然、首長としても、住民の総意に支えられない独断専行は許されない、ということになる

さて、学校によって若干システムに違いはあったと思うが、月一くらいで各クラスの委員が招集される会議があったと思う。私が通っていた小学校では、これを代表委員会と呼んでいた。

「それでは、この件はクラスに持ち帰って、よく希望を聞いて、その結果を次回の委員会に持ってきてください」

こんなふうに、クラスの意見をしっかり学校全体に反映させる。こういう役割が、クラスの代表には求められていたはずだ。
これを大人の世界に当てはめると、議員は政策の案件ごとに選挙区の住民の意見をよく聞き、それを議会に反映させていくのが仕事、ということになる。自分一人の持論に凝り固まったり、所属政党の歯車となって住民から乖離するようなことがあるとすれば、それはもう選挙区の代表とは言えないのである

こんな、小学生の頃に学んだ民主主義の基本が、なぜ大人の社会に生かされていないのだろう。

いや、利権財界の代表や世襲の政治家でない人たちは、ちゃんと民主主義の基本に則った政治活動をしている。おかしいのは、民自公・自民亜流・橋下・石原らの「不健全政治勢力」だけだ。政治の世界にはそれ以外の健全な潮流もちゃんとある。次期総選挙では、そういうところを選んでいこう。「大人の都合」で、大切なことを見失わない有権者でいよう。

| http://diary.assam-house.net/index.php?e=19 |
| 雑記 | 01:26 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑


       
警戒区域の動物救出のための一斉要請アクション・第三弾
全国動物見守りパトロール隊
庶民新党 脱原発
平和を守らなければ動物も守れない。動物を愛する者は憲法改悪に反対です。 大切な権利をしっかり行使・選挙に行こう!!大運動 日本を主権者国民の手に取り戻そう!反自民国民運動
■CALENDAR■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
■プロフィール■
アッサム山中
Author:アッサム山中
 かつては東京にいて、ブルースバンドでギターを弾いていた。今は新潟の山の中に住んで、静かにアコギを弾いている。電気は来てるんだけどねw
@assam_yamanaka
assam_yamanakaのフォローをお願いします
■このブログについて■
 メインブログ(新) (旧)ではカタい話ばかりなので、こちらでは何でもないようなことをだらだらと書き綴って行きたいと思っています。
 少しは趣味の話なんかも書きたいですよね。商品紹介の都合上、アフィリエイトリンクが含まれる画像を貼ったりすることもあるかと思いますが、収益があったら被災地の動物救済活動などをしている皆さんのお役に立てたりしていきたいと思っています。
■NEW ENTRIES■
■CATEGORIES■
■ARCHIVES■
■コンテンツ■
■連絡先■
■リンク■
被災ペットのための情報サイト #pet_SOS
Web絵本:け と かわ
Web絵本:ちょっちおねがい
Web絵本:ココロのうつわ
【フーファヌーの「毛皮をやめて!」】
フーファヌーの「毛皮をやめて!」
クリックするとYouTubeのページが開きます。シークバー(動画下の細長いバー)の下の「字幕」スイッチをオンにすれば、日本語字幕付きでご覧頂けます。
安倍内閣監視団
■脱原発webステッカー■
ご自由にお持ち帰り下さい
複製再配布自由です


詳しいことは こちら をご覧ください。
■POWERED BY■
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
■OTHER■